本物の”念”を入れたパワーストーンブレスレット1

パワーストーンブレスレットに”念”を入れるということについてのお話。

念を入れる・・・。ここでいう「念を入れる」というのは、別に用心をするという意味ではありません^^結論の一部から言うと、「プラスの波動を入れる」という意味があります。

私が作成しているブレスレットにはすべてあるやり方で念を入れる(入念)という作業をしてそれらには本当にある種の波動をこめています。わかりやすくいうと依頼者の心からのまっすぐな願いに対してその通りになりますように・・・。っていうものです。
gb146_l

もちろんそれ以前にご依頼者が希望するパワーストーンブレスレットは本当にその依頼者が必要としているのか?ってのも大切です。

ところで念ってなんでしょう?石に込めた念ってなんでしょう?

別に修行が必要とかそういった類のものではありません。中国でいうところの気功・・氣でしょうか?いいえ、氣とは違います。氣は鍛練を重ねていくと大きく出せたりできるようになりますが、鍛練していなくとも、かよわく病弱な女性の方でも(例えですので、そんな人が読まれていたらすみません)出来る人は先天的に出来ています。だから念を入れる技術を鍛練するということは少しのコツはあるけれど基本的にできません。実験も色々してきました。