有料広告の目的は何なのか、2歩深く考えてみて

例えば霊関係のサイトでいうと、ネットに有料広告を出しているところがあるじゃない?
○万円で除霊しますとか。完全除霊しますとか。最強の除霊とか。

有料広告を出しているってことはそういう方法で依頼者を募っているんだろうけど、これも情報弱者だったらネット検索ページの上の方にある有料広告枠に出てくるから引っかかっちゃうんだな。クリックして何円かかかる枠のこと。

2歩深く考えればわかるんだ。
有料広告を出しているってことは、「有料広告出さないと依頼が来ないところ」って事なんだよ。
依頼が来れば広告なんか出さないんだから。

ev169_l

肌質と皮膚トラブル研究所を見ている人は知っていると思うけど、山本皮膚科なんてすごかったよ。まあお世辞にも綺麗とは言えない地下の医院だったけど^^、10時のオープン前に10人以上並んでいるし。昼にはもうその日の当日予約が埋まってたりとか。前日予約は無しだよ。診察は5分〜10分程度のために。もちろん診察は神がかっていたけど。当日ずらっと並んでるんだ。知り合い同士で広がるんだよ、広告なんか出さなくとも。だから有料広告出してるって時点でちょっと?と思うことだよ。それって逆証明していることになってない?って。

中にはそういうビジネスモデルでやっているところもあるけれど、グーグルとかヤフーアドセンスのキーワード有料広告っていうのは基本的に全く初めての人を呼び込もうとしている行為だから。

ちなみに業界によっては有料広告っていうのが必須のところもあるから、これは全業界・全業種に当てはまっているわけではない。そしてそういうのはフリハ調査でわかるので、私の業界はそうだけど、あなた様(ご依頼者)の業界はここでこの程度するべき、した方がむしろ良いっていう場合もある。そして文言はこれはダメ、この文言にすると貴社の個性を最も引き出す・・・なんてことを鑑定時にはご案内したりしています。

詳しくはこちらのホームページへ
≫≫ 霊視・フリハ選術研究所
≫≫
 正しい除霊・霊障対策研究所
お問い合わせ
tel 080-4822-0055
tel/fax 050-3409-7257

依頼・支払い・利用案内
占い・鑑定