対面鑑定、新興宗教の経典の危険性

今回は電話で伺う限り典型的な霊障でのお悩みのケース。
まず、調べ始めてわかったのがこの人には守護霊がいない状態。これはたまにあるケースなので驚かなかったのですが、この人が唱えてきたある新興宗教の一文、くだりを読む行為がその人自らの守護霊を切り離し、遠ざけていたというケース。こんなケースもあります。
gb060_l

真言宗系とか、天台宗系とかを冠した色々な派生宗教ってありますね。少なくとも本家真言宗自体は真言の効果や曼荼羅の効果もわかるし、実証したので本物なのですが、(もちろん本家キリスト教の聖歌などもオーラがでているしエネルギーに満ちた状態になるのもわかっています。チャペルにもいろんな色のエネルギーが充満しています。)

その一部の正しい部分だけ流用して信者のエネルギーを吸い取るような文言(トラップ)を教義に挟み込むような新興宗教はとてもたちが悪いです。空海は怒っていますよ!
なので、その新興宗教の”あるマイナスのくだり”を3箇所指摘してこの文言は絶対に二度と唱えないように約束してもらいました。

詳しくはこちらのホームページへ
≫≫ 霊視・フリハ選術研究所
≫≫
 正しい除霊・霊障対策研究所
お問い合わせ
tel 080-4822-0055
tel/fax 050-3409-7257

依頼・支払い・利用案内
占い・鑑定